忍者ブログ
ひみつ基地にアパート建てました!全部屋、日当たり良好♪
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は グレーな話


疲れた時、落ち込んだ時
悲しい時、寂しい時
腹が立った時、イライラした時
こういう負の感情に覆われてしまうと
このごろ 溺れちゃうんですよねぇ
なんでかな
そりゃ やっぱり加齢のせいもあって
ホルモン療法をして 楽になったといっても
そりゃ やっぱり更年期障害のせいもあるのかも。
でもね
私には最強の救い主の存在が欠けているからなんだよねぇ
心の底から その存在の偉大さと深さを認めている
じゃ、どうして 次の猫を迎え入れないのかって
自問自答してみても
答えはひとつ
「私はまだ 闘病時や別れの辛さと怖さと闘えない」
ラムネは腸疾患で長いこと血まで滲む嘔吐に苦しんで
それから 一晩に6~7回もトイレに駆け込むような下痢にも苦しんで
(それが「IBD」であると診断されたのは病院を替えてからで
 このいきさつはブログねこねこ等で述べたとおり)
最後は 獣医さんも驚愕の急性腎不全になってさよならになっちゃったんだけど
私 夜中に嘔吐の苦しさで絶叫するラムネの声や
最期の壮絶な闘いの状態が 今でも時々フラッシュバックしちゃうんだ。
今 新たな命を迎えたら
ラムネがメルの穴を埋めてくれたように
新しい相棒はラムネの穴を埋めてくれるだろうけど
その新しい相棒が 病気になった時 居なくなった時
私は独りでそれらに耐えられるだろうか?
って、マイナスな考えしか浮かばないんです。。。
私は 子供の頃から ずっと猫と一緒の生活をしてきて
こうやって 後ろ向きな イジイジジメジメな思いに溺れた時は
猫に「そんな どうしょうもないこと考えるだけ無駄にゃ~」
って言われて あっけらか~んと前進出来て来たんですよねぇ
だから 自分のステージが全く判らなく 恐怖のどん底だった
ガン告知後の地獄の日々も ラムネの存在が最大の力となったのよねぇ
あ~ そういえば 
ラムネってさ どんなに苦しくても 
嘔吐の時は 必ずトイレでリバースしていたんだよね
時々 トイレまで間に合わなくて途中で出ちゃうときもあったけど
苦しいの我慢して 偉かったよね
でさ その吐しゃ物を掃除していると ちゃんとやって来て
「すみませんねぇ」って顔して正座してたのよね、可愛かったぁ
「いいんだよ、いいんだよ 苦しかったね 
トイレまで来なくてもいいんだよ」とか言いながら
ナデナデしてやると 「エヘヘ」見たいな顔してたっけなぁ
そうそう、ウンチ片づけている時も 必ず見に来るんだよね
私が掘り出したウンチ、もう一度臭いチェックして床で砂掛けの真似してさ。
毛球症だったから ウンチに毛玉が入っているかどうかのチェックが大切だったのね
毛玉が無いと 毛玉を排泄させるための薬を舐めさせるる必要だから
それでウンチチェックしていたんだけど
今思えば「あたいがちゃんと埋めたウンチを何で掘り返すのよ~埋めてよ~」
という 抗議行動だったのかな~   
って、なんだか 思い出しちゃったよ~ ヾ(´▽`;)ゝウヘヘ









PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
こんばんは。初コメントいたします。
亡くなったラムネちゃんの最期はお辛かったことでしょう。
読んでいて私も以前とても大事にしていた子が2回も大手術を受けて・・・治ったと思っていたら結局ダメだったのを思い出しました。
言葉を話せないから、きっと苦しかっただろうに黙って我慢していた姿を今も思い出してしまいます。
その時にもう次に猫を飼うのは考えようと思っていたのですが、数ヶ月もしない時にたまたま仕事に行った先で捨て猫だったフウに出会いました。
亡くなった子と同じキジトラの猫で・・これは何かの縁だと感じてもらってきたんですよ。
フウのおかげで前の子が居なくなった悲しみがかなり楽にはなりました。
ココさんにはココさんの考え方があると思います。
いつか気持ちが落ち着いたら新しい子を迎えられるといいですね。
きっとココさんにとっても、もらわれた子にとっても幸せなことがいっぱいあると思いますよ。
sakura 2013/11/30(Sat)18:50:29 編集
 sakuraさま♪
ようこそいらっしゃってくださいました。
私は「この方♪」と狙いを定めた方(笑)のブログにおじゃましまくる
という、うっとうしい中年でございますが懲りずにお付き合いくださいませ。ムフフ
それと、リンクありがとうございます。
先日お邪魔した際に お礼もせずにおしゃべりばかりで。。。

sakuraさんにまで 過去の辛い経験を 思い出させてしまってごめんね。
私、これまで飼っていた猫に死なれて
ここまで 強く もう飼えないって思ったことなかったんです。
いつかまた 再び 私の猫と回り逢えるって気持ちの方が強かったです。
でも 今回 こんな弱気になっているのは
ラムネの最期が壮絶だったこともあるけど
それよりももっと深く心の障害になっているのは 独りであるってことに重ねて
自分の健康にまだまだ自信が持てないからだと この頃しみじみ感じます。
心の健康は 身体の健康に伴うと強く思います。
体調維持が本当に良くできるようになって
自分のレベルで健康が保てるようになって
更年期のウツも完全に無くなったら
過去の私の猫達が 新しい相棒を引き合わせてくれると感じます。
にゃんこが病気になった時 万全の態勢でホローしてあげたいものね。

>フウのおかげで前の子が居なくなった悲しみがかなり楽にはなりました。

そうですそうです♪
メルを亡くした大きな穴を ラムネが一気に!埋めてくれました。
大きな穴を埋めてくれたぶん 今度の穴はもっと大きくなったけど(笑)
でもね、飼い猫を看取ってあげられたことは 本当に良かったことです。
ペットより飼い主の方が先に逝ってしまうことになったら
こんなかわいそうなことは無いと思っています。
残された動物にそういった状況判断は出来ないですものね~
自分の年齢が多くなるほど 小さな生き物に依存する気持ちが強くなった気がします。
私なんか独りなもんだから その孤独も全部埋めてもらっちゃっていたですよ~
寂しいって今みたいに強く感じないですんだもの~ うははは
ま、とにかく 私は健康な心を取り戻すべく
身体を健康にしたい!痛みから解放されたい!頑張る!!
sakuraさん、励まし、コメントありがとうございました。
sakuraさんのブログにお邪魔して いっぱいおしゃべりしてしまいますが
そのおしゃべりのなかで 「ええ?」とか「ん?」とか「どうしてそんなこと言うの?」
とかね、ちょっとでも不快を感じたら すぐ反論(笑)してくださいね~
わたしごときのために 心をモヤモヤさせるわけにいかないですからぁぁぁ
ではでは どうぞよろしくお願いしマッス♪
【2013/12/01 16:08】
[400]  [399]  [398]  [397]  [396]  [395]  [394]  [393]  [392]  [391]  [389
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
☆ねこねこ荘・管理人
ようこそ                いらっしゃいませ~♪            ブログ、引っ越しながら            12年目突入だニャ~
HN:
ココ
性別:
女性
自己紹介:
私の分身の様な相棒は
いなくなってしまったけど
私にはあいつのシッポが
はえてる!・・・つもり
(*≧m≦*)ププッ
いつも楽しい気持ちに
してくれた相棒の
シッポがいつも一緒
それって
ちょっと素敵でしょ♪

☆55号室
管理人の秘密の小部屋          ( ´艸`)ムププ           覗いてみてね♪          パスワードは             「相棒の名前」を            ローマ字で             ↓↓↓
☆今のニャンコ、どんな寝姿?
☆コメントありがとう♪
鉛筆メモマークは          返信してマスの          合図です。
[01/13 たっちー]
[01/11 nabo]
[01/10 きこり]
[01/08 takan]
[01/01 きこり]
☆ねこねこ荘内検索
探しモノは何かしら?     キーワードを入れてクリック!      見つかったかな~
忍者ブログ [PR]